こんにちは。

今朝ちょっと興味深いことがありましたので

今日はそのことについて書いてみたいと思います。


今朝、目覚ましが鳴る直前まで見ていた夢が

目覚ましが鳴った途端に

夢の映像が

すっごく下手くそな絵ですけれど

光の規則正しい点になって

(途中丸を描いてました)


それが目を開けても点が暫くあったままでしたので

なんだろうこれ?


と思い

瞑想して聞いてみました。


そしたら帰ってきた答えは

「夢の構成要素である」

ということでした。


なんか言語にするのが難しいのですが

きっとテレビとかで言うところの


昔で言うならブラウン管の一つ一つ、みたいなことかな?と思いました。


一つの光の粒たちが

各々の役割として

映像の一部を担っているのだと思いました。



それはまるで

人々を始め、この世界の一人一人

物質の一つ一つが

この世界を作っていることと

一緒なんだろうなと思いました。


現実の方が本当は夢で

夢の世界が本当の世界かもしれない…


なんて思いを馳せる

今この時。





煌き工房「玻璃星」では
ワンドやペンジュラム、ブレスやストラップなど、色々制作しています。
興味のございます方は、メールにてお気軽にお問い合わせくださいね。

他にももし質問などがございましたら、
suiren111☆mail.goo.ne.jpまで。(☆部分に@を入れてご送信ください)